お知らせ

◆2017年11月6日(月曜日)

人権教育月間が始まりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日から11月30日まで、人権教育月間です。

それに先立ち、11月1日の校長講話では、昨年度の人権同和教育関係の作文・標語・ポスターコンクールの入選作品が紹介されました。

人と人が関わり合う中で、優しさや思いやりを大切にして、相手の立場に立った行動や言葉がけをしていこうという作品が多くありました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、2日には、長野県弁護士会「法教育・子どもの権利委員会」の4名の弁護士を講師にして、5年生全クラスを対象に「弁護士による小学生へのいじめ防止授業」がありました。

はじめの時間は、いじめは「人権侵害」であり、大人であれば犯罪行為に値することの説明を聞き、続いて、いじめが起きそうな状況で自分にどのようなことができるか考え合いました。2時間目は、以前東京で起きたいじめによる自殺についてのお話を聞いた後に、ドラえもんの登場人物の人間関係を基に、いじめを生まない、いじめを食い止める方法や心構えについて考え合いました。

5年生の感想には、

「いじめを考える授業を2時間やって、いじめについていろいろ考えられたからよかったです。言葉は、いじめに使われるけど、いじめから人を守ることにも使えるということがわかりました」

「弁護士の人達は、人権を守っていると思いました。ぼくたちにも、いじめをなくす方法があるから、いじめをやらない”正義の共同体”を作って、いじめから友達を守れるんだなと思いました」という言葉がありました。

今月は、人権について、丁寧に考えていく月にしたいと思います。