お知らせ

◆2018年8月31日(金曜日)

休み時間に地震発生 避難訓練

避難訓練2避難訓練3

避難訓練130日(木)の2時休みに防災避難訓練がありました。

休み時間に、強い地震が起きたことを想定し、地震の効果音を聞き、その場に座り、放送の指示で決められた場所に集まりました。

休み時間なので、どこにいるかわからないし、どの学年の子どもたちがいるかもわかりません。

集まった後に、学年ごとに並び、その場に駆け付けた職員の先導で広庭に避難し、クラスごとに整列しました。

避難の様子を見ていた消防署員の方からは、「みんな落ち着いてきちんと避難できてよかったです。地震で地面や建物が揺れた時は、まず、壁や窓から離れて身を守り、揺れが収まったら周りをよく見て安全な場所に避難しましょう」というお話がありました。

志川校長先生からは、地震が来た時や災害にあった時は、「お・は・し・も」に加えて、「まず、だまって周りの様子をよく見る」「大人(先生)の言うことをきちんと聞く」ことが大切です、というお話がありました。

最後に、6年生が広庭に残り、代表児童が水入りの消火器で「消火の体験」をしました。もし、火事の現場に居合わせたら、まず、身を守るために「にげる」、そして、大人に「知らせる」ことが優先ですが、消火の注意や消火器の使い方を署員の方に教えていただき、防災や災害対応の具体的な行動の仕方についても学ぶことができました。