お知らせ

◆2018年10月27日(土曜日)

インターネットやスマートフォンを使うということ

CIMG0927 10月13日の土曜参観日の3時間目、4~6年生の児童は、体育館で教育の情報化コーディネータによる講演「インターネットやスマートフォンを使うということ」を聞きました。

インターネットやスマートフォンは大変便利なものです。

一方で、ゲームをする時間が長くなり、時には深夜まで没頭すると寝不足になり、体調不良や集中力の欠如、宿題や持ち物がおろそかになる等の影響が出ることが心配されています。

こうしたことがどうして起こってしまうか? また、どのような被害や障害が起こっているのか? についてわかりやすくお話いただきました。

今回の学習を”知って終わり”ではなく、使う時間や使い方について家族で約束を確認し、それを進んで守り正しく使うことができる一人ひとりであってほしいと思います。

「インターネットやスマートフォンを使うということ」の感想

・インターネットで世界中の人に写真などが送られてしまうのは問題になるから、止めようと思った。

・家の人とルールを決めて、安全にインターネットなどを使いたい。特に、ネットでの悪口は世界中に広がるので絶対に止めたい。

・変なページは絶対に開かないように気をつけたい。使わない。この話を聞けてよかった。

・親と相談をして、対象年齢を守って、フィルタリングを使いたい。

・動画を見るにも年齢制限があることが分かった。子どもだけで見てはいけないと思った。

・フィルタリングを使った方が安全と知って、今まで「これ大丈夫かな?」と思ったものもあったので、これからフィルタリングを使ったり気をつけたりしたいです。

・ゲームやインターネットは世界中の人たちとつながっていて、ゲームのせいで悲しい思いをしている人がいるんだなと思いました。いつか自分が使うようになった時、あやしいサイトには気をつけていきたいと思いました。

・インターネットでやってしまったことは、謝っても仲直りできない。ネットとかメールにその人の悪口とかを書くと、その人はとてもきずつくし、その人の家族も悲しむだろうと思いました。その人に言いたいことがあるなら、直接伝えることも大切だと思いました。